アーネスト教育のカウンセリングでは、問題の原因分析こそ指導のスタートです。

お問い合わせTEL:06-6326-3953(24時間相談受付)

アーネスト教育TOP >> 正しい教育方法 >> 問題の原因分析

icon 正しい教育方法:問題の原因分析こそ指導のスタート

すべてのものごとに理があります。
謎に思える自然現象も子供の心理状況も筋道立てて説明できる答えが必ずあります。

子供が、登校拒否、不登校、LD(学習障害)、非行、成績不振などに陥る原因は、色々あります。
一人一人様々な悩みがあり、これをすると治る、という解決方法はありません。
お子様一人一人と向き合い、理解することによって、解決するのです。

問題が発生する時期は、小学校(低学年、中学年、高学年)・中学校・高校と7歳~18歳が多く、
主な原因は、5つのケースが多い。

本人 家庭環境 学校環境 友達関係

やる気が出ない、
周りの人と打ち解けない、
他人の意見を聞かない。自分が正しいと思ってしまう、
幼い頃、子供とよく接してない、
離婚(母子、父子家庭)、
クラスの仲間と上手くいってない、
いじめられやすい、
人間関係が「ギクシャク」している、など
様々なケースで当たり前ですが異なる原因・問題があります。
私たちは直接、面談して、お話しお子様、ご両親の状態を判断・分析して原因を追求します。

問題追及方法のポイントは、

原因と現状との因果関係
原因と現状との因果関係
を見極める
問題
問題の設定
問題箇所
問題箇所の特定
解決策
解決策との分析

で、現実に起こっている問題、つまりアウトプットから順番に考えていくことが重要になります。

推薦者の声 FAQ

アーネスト教育
不登校、家庭教師、大切なお子様 のカウンセリング支援を致します。
〒533-0004
大阪市東淀川区小松2-6-13・2F
TEL : 06-6326-3953

mail

▲PageTOP